約束の旅路②ー般若心経とヒンドゥー教ー

こんにちは 美雪です

 

 

約束の旅路

miyuki369.hatenablog.com


から続いています

 


2016年9月3日
仙台にてひらかれた、山元加津子さんこと、かっこちゃんの初監督映画
千人上映会に参加したときに、かっこちゃん心訳「般若心経」本を購入して持ち帰ります

 

 

手のひらの中にすっぽり入ってしまうぐらいのちいさなちいさな本

 

 

高野山で修行をつまれたお坊さんからも、
「このかっこちゃんの心訳が一番近いと思う」
とおっしゃられたというもの。

 

 

やさしいピンク色で、
じゃばら折になっていて、
片面には、般若心経が、
もう片面には、かっこちゃんの心訳が
書いてあるのです。

 

 

ここで、かっこちゃんの心訳を紹介しますね

 

 

f:id:miyuki369:20180903140302j:plain


----------------------------------------

宇宙(そら)の約束  (「般若心経」山元加津子心訳)

 

 

自分の身体のその奥に
確かに確かに座っている
大きな宇宙の約束が
いつもいつもささやいている

 

いつかいい日の明日のために、いつもいつもささやいている

 

忘れないでね
大切なのは
心の目と心の耳をすますこと、そして自分を信じること

 

むかしむかしのことでした
心の目と心の耳をすましたある人が
宇宙の約束とつながって
本当のことに気がついた


すべてのものは 
どれもみんな 
その約束からできている

 

約束は
目にも見えず
重さもなくて
あるのかないのかわからないけど


でも
宇宙の何もかもが 
この約束からできている

 

 

「いいことに気がついちゃった」と 
その人は
苦しまなくてもいいんだなあ、悩まなくてもいいんだなあと
とても嬉しくなりました

 

 

宇宙に散らばっている
たくさんのつぶつぶは
約束のもとに集まって


海を作り
山を作り
花を作り
人を作る

 

約束は目にも見えず重さも持っていないけど
風をそよがせ
雨を降らせ 
ときには星を輝かせる

 

 

誰かと誰かを出会わせて 
誰かと何かを出会わせて
涙や笑顔を作り出す

 

 

私とあなた
あなたとお花
お花と
石ころ
みんな同じ
同じものでできている

 


違うのは
だれもが持ってる約束の
私が私である場所(とこ)や花が花である場所(とこ)に
光があたっただけのこと
スイッチが入っただけのこと

 

 

あなたは
私だったかもしれないし
私はもしかしたら
庭に咲くたんぽぽや
降る雪だったかもしれないね

 

 

約束は私を作り
私の中に宇宙の約束が座っている
すべてのものが
約束の中にあり
約束は
すべてのものの中にある

 

 

でもね
忘れちゃいけないの
約束には無駄がなく
必要なものだけを
いつもちゃんと作っている

 

 

 

花がそこに咲くことは
それが大切だという証
私がここにあることは
それが必要だという証

 

 

宇宙の約束とつながって
過去と今
今と未来
すべてのことを
見渡すことができたとき
きっときっとわかること

 

 

すべてのことは
いつもいつも
いつかいい日のためにある

 

 

嬉しいことも
悲しいことも
きれいなことも 
汚れたことも
増えることも 
減ることも
その約束の現れだけど
現れているすべてのことがいつかいい日のためにある

 

 

だから思うの
生きていると
いろんなことが
あるけれど

 

 

楽しいことも苦しいこと
悲しいことも嬉しいこと


雨や 雪や 月の光が
空から降ってくるように
手をひろげて受けとめていけばいいんだね

 

 

怖がらなくてもいいんだよ、悲しまなくてもいいんだよ
だってすべてが大丈夫
すべてがみんな大丈夫

 

 

揺れる、歌う、踊る、祈る……
跳ねる、描く、回る、思う……

 


約束とつながっていく方法はいつも私の中にある


揺れて踊って、飛んで思って心の目と心の耳が開いてく
そして本当のことを知る

 

さあ明日へ歩きだそう


大切なのは
心の目と心の耳をすますこと


そして自分を信じること

 

花が咲くように
雪が舞うように
月が照るように 
あなたといたい

 

鳥が飛ぶように
風が吹くように
海が歌うように 
あなたといたい

 

広い宇宙の中で
長い時間の中で
あなたと出会えたこと
きっときっと宝物

 

星があるように
山があるように
空があるように 
あなたといたい  (「約束 般若心経は愛の詩」三五館)

 

---------------------------------------------

泣・・・

 

とってもすてきなんです

 

 

あの難解な、般若心経が
すっぽり心の中に入ってくれるような心訳

 

 

この山元加津子さんの般若心経心訳本を
手のひらにのせながら、

 


無宗教のわたしは、
部屋でしずかに
たどたどしく、
般若心経を唱えはじめました

 

 

家には神棚はあるのですが、お仏壇はないので、
たぶん、はじめは、
朝の光につつまれながら
おてんとうさまに向かって
唱えていたのだと思います。


ちいさなティンシャをならして、
般若心経を唱えて、
わたしの家族やたいせつな友人やそのまわりの方々や
心に浮かぶ人々を想って
祈りする

 

 

しずかな時間がとても好きでした

 

 


そして、

その数日後にたまたま神奈川県の桜木町でひらかれていた
草場一壽さんの陶彩画展に出かけることになります
(これも、たまたまじゃなく、偶然はなく必然なのですよね)

 


草場一壽さんの創る陶彩画に、とても感動して
家に飾るようにと、ちいさなポストカードをいくつか購入しました

 

 

そのポストカードは、
弥勒菩薩
「龍華」
「サラスヴァティ」
「岩戸開く-アメノウズメノミコト-」

 


草場一壽さんのサイトのショップにポストカードが掲載されています
とっても美しいので、ひらいて見てくださいね

kusaba-kazuhisa.com

 


こちらのポストカードを、写真立てに入れると、
わたしは、ちいさな私だけの祭壇をつくりました

 


ちいさなテーブルに、
草木染めで染めたオレンジ色のシルクを敷いて


その上に、
陶器のマリアさまと、

 

写真立てに入れた、
弥勒菩薩
「龍華」
「サラスヴァティ」
「岩戸開く-アメノウズメノミコト-」
の草場一壽さんのポストカード。

 

そして、ティンシャと、

蜜蝋キャンドルと、

 

かっこちゃんの心訳「般若心経」経本

 

お水と、白い百合の花も飾りました。

 


わたしだけの祭壇のできあがり

 

 

うれしくて、

毎朝、このマイ祭壇の前にすわり
ティンシャをならして
かっこちゃんの般若心経を唱えました

 

わたしと同じく
これを気に入ったのが、当時5歳だった次男坊です

 

 

わたしがマイ祭壇の前に座ると、
彼もわたしの左がわにちょこんとすわります

 

 

わたしは般若心経を覚えているわけではないので、
かっこちゃんの心訳本を左手にもって
右手はお祈りの形にして唱えます


そうすると、次男坊は、
わたしの右手に、彼のちいさな左手を合わせてくれて

2人でひとつのお祈りをはじめました

 

 

ふわふわ柔らかな彼の左手とあわせて
わたしの右手もじいいんとあたたかくなりました

 

 

何日か経つと、次男坊は般若心経の一部を諳んじて覚えてしまいました


夫や長男坊が仕事や学校に出かけていった
朝のしずかな部屋には、

 

 

ようちえん登園の時間まで、
5歳の彼の般若心経をとなえる、
かわいい声がひびいていました

 

 


☆☆☆

 

 


繋がっているのですが、ここで話はガラリとかわります

 

 

2年前の当時、住んでいた地域には
多国籍文化がありました

 

 

とくに大きなコミュニティは、インドの方々。

 

 

近くにインドの方々の学校があるのです。

 

ヒンドゥー教のたいせつな祝祭のときには、
近所の公園でお祭りがひらかれて
だれでも参加させてもらえたりしました。

 

 

団地にもたくさんのインドのファミリーが住んでいます。

わたしが住んでいた棟の下の方の階に、

 


なんとも心ひかれる瞳をもつ
美しいインドの女性が住んでいました。

 

 

旦那さんもインドの方で、お子さんは、次男坊より少しちいさいぐらい。

 

 

美しいサリーを身に纏っておられて
額には、ビンディーというそうですが、紅い点をつけておられて

 

 

わたしは、その方とすれちがう度に
うつくしい瞳に吸い込まれそうなきもちになって

 

そしてとてもうれしい気持ちになりました

清々しい風が吹くようなきもちになるのです

 

 

最初は、会釈ぐらいだったのですが
だんだん、片言の日本語で会話もしてくださるようになりました

 

 

インドの方々は、夏の夕方から夜にかけて
公園で集ってお話したりされていて

 

会う度に、お互い、うれしい笑顔が増えていったように思います

 

 

最初に誘ってくださったのは、旦那さんでした。

 

 

ちょうど、ご家族で一緒に歩いておられて、
階段ですれちがったときに、

 

『よかったら、今度の土曜日の夜にうちに遊びにきませんか?』
と、ご自宅に招いてくださったのです。

 

 

とってもうれしくて、ありがたくて、
夫と、息子たちと4人でおうちにお邪魔しました

 

 


シンプルで、お掃除がゆきとどいた、清潔感のあるお部屋でした

 


乳製品は食べられるそうですが、その他の動物性のものは食べないそうです

 

 

南インドの家庭料理ですよと、
本場のカレーと、ギーと小麦粉で練った甘いお菓子と、チャイをご馳走してくださいました

 


息子たちは、インドの学校に通っている(4歳から通うそうです)男の子と、
お互い言葉はわからずも、遊びはじめました。

 


おもちゃを貸してもらいながら、
あっという間に仲良くなって
大笑いの声が響いてきます

 


旦那さんは、海の名前。
美しい瞳の女性は、お花の名前。

 

 

すてきです


はじめてお互いの名前を紹介しあいました

 

 

 

それからは、

ときどき、夕方になると
チャイムをならして
手づくりのお菓子をもって
わが家にも遊びに来てくれるようになりました。

 

 


お花の名前の瞳の美しい女性は、

 

インドは、とても広いから
言葉もたくさんあるということ

 

インドの学校だけれど、地域によって全然言葉が違うから
インドの方同士では、英語で話すことを教えてくれました

 

 


あんまりたくさんのお話はしなかったけれど、

いつも会う度に、
いつでも遊びに来てください

と、あの美しい瞳で、美しい日本語で話しかけてくれました

 


何回か、やりとりが続いたある夜のこと。

 

 

わたしは、たくさんの買い物を終えて、
5階までのぼらなくちゃと
ふうふう言いながら、階段に足をかけてふりかえると

後ろにいたはずの5歳の次男坊がいません。

 

 

あれ?どうしたんだろ。

また、何かに夢中になって遊んでいるのだろうか・・・


なんて、思いながら

疲れていたので、

もう、早く来てほしいなあ・・・と

暗がりに目をこらしていると、

 

 


海の名前のインドの旦那さんと、次男坊が、
2人並んで、こちらに向かって歩いてくるのがみえました。

 

 

 

・・・・

 

 


長くなったので、
この続きは、また次のブログに書きますね

 

 


今日もあなたの一日が、幸せいっぱいでありますように

 

 

いつもあなたと共に歩んでいます

 

 


美雪

 

 

約束の旅路①

こんにちは 美雪です

 

今日からこどもたちは、学校へ。

 

そして、2年前の今日は
山元加津子さんこと、かっこちゃんの初監督映画「銀河の雫」が
仙台で千人初上映会とのことで、
0泊2日夜行バスの旅に出かけた日でした。
Facebookが教えてくれました。ありがとう)

f:id:miyuki369:20180903113659j:plain

2年前、2016年夏至のころ、


わたしの中の何かが一気に崩壊して、
すっかり空っぽになって、
腰にもチカラが入らない、
すごくぼんやりと数ヶ月を過ごしていたのですが
(この時期にもたくさんの恵みがあったのですが、またいつか・・・)

 

 

このかっこちゃんの仙台千人上映会に行こうと決めた瞬間に
今までのぼんやりから、急激に動きはじめた時期でもありました。

 

 

崩壊して、再誕生して、ほやほや過ごしていた時期から
急にモードが切り替わった、おもしろい時期です。

 

 


☆☆☆

 

 


ここ数年のことを書きたいと思いながら、
どこから切り取ったらよいのか、わからない!

と、もがいていましたが、

2年前の今日。

 


「銀河の雫」映画上映会に、神奈川から仙台にでかけたことから、

かきはじめることにしますね。


もし、おつきあいいただけたら、うれしいです。

 

 

 

さて。
2年前のわたしは、Facebookにこんなきもちを書いていました

 

 

・・・

 


【仙台に向かっています】

 

 

ぎりぎりまで悩みに悩んで
(でも、本当の本当は、行くって行きたいって決めていたのだと思います)

 

 

夕べ、旦那さんに相談して
子どもたちのことも
息子の友達のお母さんにお願いして

0泊2日で仙台に向かっています

 

 

行くと決めて、
仙台までの高速バスを探したら、
横浜から出発する希望の路線が、
残席1

 

 

思わずとっておいてくれたんだ(≧∇≦)と感じたら、ふつふつと力がわいてきました。

 

 

山元加津子さんこと、かっこちゃん

大好きなかっこちゃんが初監督された映画
【銀河の雫】初上映会が仙台でひらかれるのです

 

 

かっこちゃんも、もちろん
宮ぷーさんもいらっしゃるそうです

 

 

映画も
みなさんの空気も
会場に起こるすべての粒を浴びて

横浜のみなさんに持って帰ります

 

 

2016年 10/10祝日に、
【銀河の雫】の自主上映会をひらきます

 

 

まだ、誰にも相談していませんが、決めました

場所も決めましたが、
まだご了承を得ていないのです

 

 

でもきっと大丈夫です

 

 

ぜひ、10/10祝日(2016年のことです)を空けておいてください。

映画を観にいらしてください

 

 

もし、よろしければ
一緒に自主上映しましょう

 

 

みなさんの心と心が
共振、共鳴し合い、
慈愛と喜びの花がたくさんたくさん
咲くことと思っています

 

 

 

今からふるえるほど
楽しみで、
うれしいです

 

 

生まれ変わって
産声をあげたばかりの
初仕事は、
こんなにうれしいお仕事なのだと思うと
本当にありがたくうれしいです

 

 

ゆうこちゃん、うちゅうまんありがとうございます

 

 

どうぞよろしくお願いします

 

 

いつも、理解を示してくれる
最善を祈りアドバイスしてくれる、夫と
子どもたちに心から感謝しています

 

 

お空のみなさまにも心から感謝しています

ありがとうございます

 

 

桜木町から仙台に向かって出発します

 


かっこちゃん、これから行きますね

 


大好きです

 

 

http://ideanews.jp/archives/26991


・・・

f:id:miyuki369:20180903113737j:plain


2年前の記事です。

 


そして、わたしは、映画上映会の会場でなぜか、


山元加津子さんが心訳された、手のひらサイズの般若心経本を手にするのです。

 

 

以前も数冊購入したことがあったものなのに、
何かとてもひかれて、
(わたしは無宗教なのですが)
購入しました。

 

 

販売の方に、『もうこれが最後の一冊なの』と言われたこと

 

その瞬間、ああ、この子は、わたしの元に来てくれるんだなって
胸がじんと動いたこと

よく覚えています

 

 

そして、
般若心経を唱え始めるのです

 

長くなったので、次に綴りますね

 

 

今日もあなたの一日が幸せいっぱいでありますように

 

 

いつもあなたと共に歩んでいます

 


美雪

おめでとう!9月です

こんにちは 美雪です


おめでとう!きました9月です

可笑しいですね、おめでとうなんて

でも、今、そんな気分です

 

今朝配信されたこちらのケシーさんのブログを読んで、

ああ昨日の夢とリンクしているなあと納得しています

caseyka.jp




ぜんぶ大丈夫な今を
ぜんぶ引き受ける覚悟



自分が自分として生きてゆく覚悟


しっかりせい!と自分の中の自分に言われているような気持ちがしました

 



さあ、今日から通常の暮らし・・・

と、書いて、

 

今までも、今、この瞬間も
わたしが選んだ暮らし

 

ですね

 

 

覚悟を決めて、誰にも何にも依存せず

 

心わかちあえる命と共に
たいせつな命と共に

 

助け合い

愛し合い、

生きてゆこうと思います

f:id:miyuki369:20180901105317j:plain


今日もあなたの一日が幸せでありますように

 

いつもあなたと共に歩んでいます

 

美雪

まばゆい朝陽につつまれて、ぜんぶ溶けていきました

こんにちは 美雪です

 

どうしちゃったのでしょう

朝から嫌な感じの頭痛があって

午前中はようじがあり、運転しなくちゃいけなくて

夫と子どもたちがかわるがわる、首の付け根と頭を揉んでくれていたのですが

どうにも治らない

それどころかどんどん痛みが増して

家にたどり着く頃には耐えきれなくて

横になっていました

 

長男坊が、目の温湿布をしてくれました

 

 

熱中症かなと思って、お水や塩分を摂るのですが

どうにもおさまらない

どんどん汗をたくさんかくのに、冷たい寒い

 

嘔吐したら、ぐったりして少し眠ることができました

 

目覚めて

また少しお水や塩分を摂って・・・

まだ、すっきりしない

 

ホメオパシーのイペカックを一粒なめて

どうしたものかと思っていたら

 

見かねた長男坊が、

先日届いて読んでいた、こちらの本から

 

開運!龍体文字の奇跡 (書いて貼って願いをかなえる龍のパワー)

開運!龍体文字の奇跡 (書いて貼って願いをかなえる龍のパワー)

 

 

「キニ」

 

という龍体文字を半紙に筆ペンで何枚も書いてくれて

枕の下や、お腹や、頭にのせてくれました

 

ちょっと目をつむっていると

吐き気がして

再び嘔吐

 

胃の中にあるものが全部出たようです

 

熱中症かと思って、

水や塩分が足りないのだと思って

〈入れよう〉

としたのだけれど

 

 

身体は

〈出したい〉

だったみたい

 

 

そのあとぐっすり眠って

おかげさまで頭痛もなくなり

起きてりんごを食べたり

次男坊に本も読んであげることもできるようになりました

 

はあ、苦しかった

 

 

思うところがあって

夏休みが終わりに向かうにつれて

胸が痛んで仕方なくて

夜中に目が覚めたまま眠れなくなって

 

大人の私がこんな状態ならば、

学校に行きたくなくて

夏休み明けに苦しんでいる子どもたちの場合は

どれだけ辛いことかと

その痛みがほんのすこし、体感できた気がして

泣きたい気持ちになっていました

 

 

そういえば

今朝の明け方、

それらを象徴するようなとてもリアルな夢を見て

 

 

私は周りに気を使って、嫌だけれど妥協してその場に留まるか

 

正直に怒られる覚悟で伝えてその場を去るか

(その場所にいる人がみんないい人で余計に胸痛む)

 

 

決断しなくちゃいけなくて

 

ああ、本当にどうしよう・・・

 

みんなの顔を見つめて

笑っているみんなを見つめて

 

ああ、どうしよう・・・

 

 

・・・・

 

 

というところで、ぱちっと目がさめると

 

わたしは、布団の上で、

 

昇ったばかりの朝陽に包まれていました

 

 

いつもの光景なのに

はじめて見るような感覚で

 

 

オレンジ色の光に包まれながら

とっても安心して

 

 

ああ、ああ、

ぜんぶ、何もかも大丈夫だったんだ・・・

 

最初からぜんぶだいじょうぶだった・・・

 

 

 

 

あふれてきた瞬間、

 

 

ここ数日の痛みがふわあああっと

朝陽の中に溶けていきました

 

 

 

今、すっきりしてふりかえると

夢の中で

先に、意識や心重みが溶けて

 

身体のことはその後少し遅れて

溶けていくのかしらね

 

 

 

 

そして、この動画を観たのです

 


50 Mums | 50 Kids | 1 Extra Chromosome

 

 

 

なんて優しい美しい世界なんだろうって

涙がとまらなかった

 

私たちの生きている世界はこんなうつくしく優しい世界

 

 

5分弱の美しい動画です

 

みなさんもよかったら観てみてくださいね

 

 

あんなに苦しかったけれど

おかげさまで

今はすっかり落ちついています

 

 

二学期が始まっている子どもたち

これから始まる子どもたち

 

みんなみんな、自分の一番居たい安心する場所で過ごせますように

幸せでありますように

 

 

あなたの今日の一日が幸せでありますように

 

いつもあなたと共に歩んでいます

 

美雪

 

『にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねえことは、キッとやるもんだ。』

こんにちは 美雪です

 

しいたけさんのブログを読んで
心がほっとしました

 

ameblo.jp

 

文章を読むだけで、その人のことがなんだかとても伝わってくるような気がします

これは、文章だけではなく、すべてに言えることですね


いつもしいたけさんのお人柄がにじみでていて
ああ、本当にやさしい方なんだなあと胸がじーんとします

 

 

 

日々を過ごしている中でも、
優しさをさらに敏感に感じることが増えたように思いませんか?



こんな風に書いていたら、
この言葉が浮かんできました


『にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねえことは、キッとやるもんだ。』

絵本「モチモチの木」に出てくる豆太のおじいさんの言葉。


本当のやさしさに出会ったら
自然とひらいていくものですね


ここ数年、本当にその奥底にある、本質や意図が
じいいんと沁みわたるように感じることがたくさんあって
そのたびに、ああ生きているってうれしいなあ・・・

しみじみします



だから、わたしも何かをするときに
言葉をえらぶときに

何かざわざわしたものを感じるときは
じいっと観察します




そして、あれ?と感じるときは
一歩どころか、ざーーーっと波のようにひいて
感じてみます


自分のことも、
他者のことも。


外側にはふみこみすぎず、

内側には深くダイブして、

よく感じてみる。



そこに共鳴する意図を感じなければ
その場所では、一人でも良いと思ったりもします

 


でも、本当は一人じゃないのですけれどね

物理的に離れていても、繋がっている命がいっぱい

命があふれてる

f:id:miyuki369:20180830085650j:plain

そして、あれ?と思うものごととも、
内側にあるものとして繋がってるんですよね

いろいろな反映としてあらわれてるだけ。

 

 


今日は、なんだかとってもざわざわしているので
酵素玄米を炊く準備をしました

 

無農薬で大切に育てられた玄米の袋をごそごそ開けて、カップに5杯
ザルにざあっと入れて。

お水で洗いながら

このお米がどこからきたのか、おひさまをいっぱいに浴びて
あめつちの恵みの中、たくさんの人の関わりの中で

こうして、私の元に来てくれたことを感じます


小豆もそう。

お塩もそう。

 

お水もそう。

 

ぐるぐると、右に左にかき混ぜていると

 

自然に
ありがとう、ありがとう・・・があふれてきました

 

・・・


気がついたら、ざわざわが消えていきました

 

 

目の前のことを丁寧に

暮らしを丁寧に

 

 

自分に優しくしながら、
おうちを整える一日にしようと思います

 

 


今日も、あなたの一日が幸せでありますように

 

いつもあなたと共に歩んでいます

 

 

美雪

 

 

 

産後の脳は、まったく違う場所が活性化するそうです

こんにちは 美雪です

 

先ほど帰宅しました。

 

羽田空港に夫を車でお迎えに行ってきたのです

 

ベイブリッジも横浜の夜景も、とっても美しかった

 

走り慣れていない道路はちょっと怖かったのですが、

 

夫のお迎えに行きたい気持ちが半分
空港に行って、旅の空気を少しでも感じたい気持ちが半分

どちらも満たされました

 


往復の高速道路も、夜景も、
空港も、みんなでいただいた夕食も
大満足で帰ってきましたよ

 


ああ、行っていないのに
旅から帰ってきたような満足感。

 


旅に出かけるのが一番だけれど、


旅に出かけたくなったら、
これから空港に行こうかしら

f:id:miyuki369:20180829221430j:plain

 

みなさんもワクワクする場所はありますか?

 


 

 


先日、「NHKスペシャル×1,5チャンネル」という短い番組を見ました

 

生後半年ぐらいの母子10名を集めて
赤ちゃんとお母さんの間に衝立を設け、
何人のお母さんが、我が子の赤ちゃんの泣き声がわかるかを調べたのです。


(これは、もしまちがえたら、とんでもなくお母さんが落ち込みそうで、とてもリスクの高い実験ですが・・・)

 

10人中10人、全員が我が子の泣き声を聞き分けることができたそうです。

 

それで、とっても興味深いことがわかったそうです

 

我が子の泣き声を聞くと、
一瞬にして脳の複数の箇所が働きはじめる

 

他の子の泣き声を聞いたときとは異なる
脳のあらゆる分野が活性化してうごきだすのだそうです

 

 

そして、出産後のママの脳は、30ヶ所以上の脳が肥大して
子育ての能力がうまれるそうなのです

 

 

お母さんってすごいですね

 

 

私自身の産後をふりかえっても

 

我が子のことになると
全身がアンテナのように敏感になっていて

 


自分の身体をまとっている気づきの領域が膨らんでいるように感じていました

 

 

でも、我が子に関すること以外の
普段当たり前にできていたこと、考えることができたことは、
ぼおっとしてしまったり、

 

 

あるいは、感受性が高まって
悲惨な事件などを聞いたり、
子どもに関する事件を聞くと、

 

 

まるで目の前で起こったかのようにショックを受けて
立ち直れなかったり

 

 

産後は何年もとても敏感だったなあと思います

 

 


それは、30ヶ所以上のの脳の部分が肥大していたからなんだなあって
あの頃の必死な子育てを懐かしんだりしていました

 

 


今、産後間もなかったり


ちいさなお子さんと一緒にいて


日々の幸せを感じながらも

 

 

妊娠前の自分の感覚が変わってしまって
この時期が一体いつまで続くのかしら・・・と思っている方も

 

 

きっと、あと数年経てば

 

ああ、あの頃は
脳の中の30ヶ所以上が、肥大化していたから

 

こんな風に感じていたのかなって

 


懐かしくふりかえる日がやってくると思います

 

 

ふわふわの肌の子どもたちと過ごす濃密なひととき

 

 

愛おしいですね

 


今日も、あなたの一日が幸せにみちあふれていますように

 

 

いつもあなたと共に歩んでいます

 


美雪

 

だいすきな温泉と、だいすきな絵本とお茶の会の下見へ

こんにちは 美雪です

 

昨日は局地的に嵐があったようですね
わたしの住んでいるところは降らなかったのですが

 

みなさんの住んでいる地域は大丈夫ですか?
浸水したおうちもあると聞いておどろきました

 

大難が小難に、小難が無難でありますように
ご無事をお祈りしています

 

 


昨日は次男坊の歯医者のあと、
だいすきな温泉に入ってきました

 


歯医者さんは紹介していただいた
とてもすてきな女医さんが治療してくださるのですが

どうしても苦手なんですね

 

 

だいすきな温泉に行きたくなるのは、
無意識に自分を元気づけようとしているのだと思います・・・

こんな風に書くと自分でも可笑しくなっちゃいますが

 

 

だいすきでよく出かける温泉は、
自宅から車で1時間以上かかる場所にあるのです

 

 

歯医者さんも遠い場所にあるので、そこから向かうと
昨日は片道3時間ちかくかかってしまいました

 

 

途中でこどもたちに申し訳なく思って
やっぱり家に帰ろうかとも思ったのですが

 

 

お母さんが入りたいんだったら、いいよ〜
とお付き合いしてくれました

 

 


温泉は、ちょうどの合間の時間だったのか、貸切。

 

露天も内風呂も
ほんとうにゆっくりお湯をいただいて

 

こっそり
あおむけに浮いたり
はあ〜きもちいい・・・とかぶつぶつ
ひとりごと言ったりして

 

 

おかげさまでとっても心地よい自由時間を楽しみました

 

 

そして、
ぽかっと浮かんでいると
今、治療を頑張っておられる方のお顔が浮かんできます

 

 

ここの温泉は湯治にもいいと思うので
ご一緒したら喜ばれるかな・・・
すこしでも元気になられたらいいな・・・

 


でも、いきなり裸のおつきあいにお誘いしたら
ドキドキしちゃうかしらとか
いろいろ考えていました

今度、そっとお尋ねしてみようかなと思います

 

 

こちらのブログにはまだ書いていなかったのですが

2018年9月25日(火)の午前中に神奈川県鎌倉市にて
『だいすきな絵本とお茶の会』

をひらきます

 

 

今、その会場の下見にきています

 

f:id:miyuki369:20180828114547j:plain

スタバ店内からお庭をのぞんだ写真。想像しやすいように「こんとあき」も持参。

 

 

今日は、火曜日なので、開催日と同じ
平日火曜午前中の店内の様子を感じにきましたよ

 

 

あ・・・でも鎌倉市内の学校はまだ夏休み中だから
もうすこし主婦層の方がいらっしゃるかな

 


みんなの<だいすき>があつまる場所なので
みんながここちよくリラックスできる場所選びは
とってもだいじです

 

 

座り心地や、音、照明、見える景色、香り・・・

 

全ての五感がここちよくいられるように入念に調べます

 

今、伺っているのは、鎌倉駅から徒歩5分ほどのスタバなのですが

とてもおしゃれで
談笑したりお茶したりするには
最適なのだけれど、

 

 

みなさんが<だいすき>を伝えあうのは、
もうすこしクローズで音がしずかな場所がいいかな

 

 

プールもある、テラス席もあるのですが逆に声がよく通って
他のお客さまが気になってしまうかも

 

 

ううんやっぱり、
クローズな場所で、
お茶を私自身がおだしするスタイルの方が

わたしもホスト役として落ち着くなあ

 

 

こちらは、

<だいすきな絵本とお茶の会>終了後に、
コーヒーをいただきに集うのも良いかもしれないですね

 


9月25日まで一ヶ月をきりました

 

拠点がうつり、久しぶりに会をひらくので

とてもうれしく、とても楽しみです

 

 

詳しいことが決まったら、こちらにもお知らせしますね

どんな<だいすき>が集うかしら

ああ、ああ、とっても楽しみです

 


今日もあなたの一日が幸せでありますように

 

いつもあなたと共に歩んでいます


美雪